シンガポール発展の歴史

シンガポールは現在東南アジアでも超経済大国となっています。狭い国土でありながら現在の繁栄はどのようにして成し得たのでしょうか。 16世紀から他国の植民地であり続けたシンガポールが経済を発展させたのには強い政府のリーダーシップがあると言わざるを得ません。 シンガポールの一党支配は時に批判の元となりましたが、この国を現在の形にしたのは間違いなく人民行動党の功績といえます。 政府による圧倒的な統治と政府主導の産業への取組、外資の誘致こそがこの国の経済を発展させ、国民生活の水準を上げる要因となったのです。

イギリスからの独立

シンガポールという国は日本以外の他のアジア諸国と同じようにヨーロッパの国々が奪い合い植民地化された国です。16世紀、シンガポールを支配に… ≫16世紀から続く植民地時代からの独立についてはこちら

日本軍の占領

大航海時代からヨーロッパの各国からの支配を受け続けてきたシンガポールですが大東亜戦争時には日本の統治下にありました1941年のことです。… ≫日本統治下についてはこちら

経済の発展

シンガポールの経済の発展は人民行動党の圧倒的な政策の賜物とも言えるでしょう。イギリスからの独立後、ボロボロだったシンガポールを立て直し… ≫戦後の経済発展についてはこちら